読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たいじん

じゃ、またといってからまだ数秒しか経っていない。今回は対人関係について。

わたしは人付き合いがめちゃくそヘタクソである。たぶんそれは頭でどのステージから他人を友達にカテゴライズしていいのかとか、友達だからして良いことってなんだろうとか、いちいち考えることがかなり起因しているんだと思う。ちなみに親しき仲にも礼儀ありという言葉は好きですおすし

普通に上記を考えて、自分ってめんどくせえ野郎だなと思っているが、前よりは割と上手くなったかもしれないとも思う。

高校生くらいの時は自分が「友達」にカテゴライズした他人が平気でドタキャンとかすることにマジで耐えられなかった。本気でこのドタキャンというメカニズムは情報社会である今だから蔓延しているんだ(スマホ等で瞬時に連絡が取れるから)と考えては、ああ何故私はもっと前に生まれなかったのだろうと絶望していた。でもそこは自分なりに考えて、他人に過度に期待しないことで割と受け入れられるようになってきた。

 

まあしかし人間すぐに変われるものでもなく、相手が何か嫌なことを常習的にしてきたら「他人は変えられるものじゃないから(本人の意思が無ければ変わらない)関わるの減らそう」→独立宣言 みたいなかんじで関わりをバシバシ切っていっている。なんかたぶん他人に嫌われることが怖くて「そういうのやめて」って言えないタイプなんだ私は。と思う。

 

たぶんこの悩みは一生つきまとうんだと思う。なので来世は蝉に成って真夏に絶叫してやろうと企んでいる。